© 2017 Cafe Ookinaki in Aba Village. 

  • Facebook Social Icon

​古民家レストラン おおきな木

〒709-3951岡山県津山市阿波2846 | ookinaki83@gmail.com |090-4678-8914(店舗お問合せ)

★鹿肉について★

 

岡山県津山市阿波。

ここは岡山の県北、中国山地の山奥です。

ここで育った鹿は、源流や山の大自然の恵みによって成長します。

ご存知の通り、鹿肉は高価でとても貴重なお肉です。

その鹿肉で制作したのが「鹿肉ペットフード」

グレイン(穀物)フリー&グルテンフリーで

栄養価の高い鹿肉100%無添加ペットフードを全国に届けます。

ヒューマングレードについて

ヒューマングレードというのは人間が食べられる基準と同等の素材で作られていることを示すペットフードの

レードのことを言います。

ペットフード安全法によって昔ほど品質の悪い原材料を使ったフードは見られないようになりましたが、

日本では法律で罰せられる規制は無いため、残念ながら全てのペットフードが安全とは言えません。

おおきな木の鹿肉は、「自分の子どもに食べさせたい」を基準にしています。

制作工程

鹿が獲れたら直ちに血抜きと共に肉の温度を下げ、剥皮・解体・熱消毒・トリミングし低温で熟成させます。

その後、整形した精肉や骨をカットし、80℃~90℃で半日低温乾燥焼きします。

この過程で1頭から取れる量は1/5になり、味、香り共に凝縮されます。

調味料、添加物は一切使用しておりません。

一貫して全ての工程を私が行っております。

仕上がった商品は私が必ず味見します。

 

皆さんはドッグフード、キャットフードを選ぶ時何を大切にしていますか?

ここでは、私が参考にするポイントを紹介します。

1.無添加であること

ドライフードよりウェットタイプの方が保存料が含まれる傾向があるようです。

発がん性の危険性がある保存料は避けたいところです。

2.適正価格であること

1㎏あたり2000円~くらいのフード。

安い物には家畜副産物、着色料、保存料などがたっぷり使用している可能性大です。

3.総合栄養食の記載があるもの

ペットフード公正取引協議会が定めた基準を満たしているという証明です。

4.肉が主原料であること

犬、猫、は動物性たんぱく質が最適と言われています。

原材料表記の一番最初が、チキン、ラム肉などのお肉が明記されているものを選びます。

5.良質な脂肪が含まれているもの

良質かどうかの判断は難しいですが、避けた方が良い表記は「動物性油脂」「動物性脂肪」など由来が不透明なものです。

 

当店のジビエペットフードを、これらのペットフードに+αしていただけたら、更に良いのではと思っております。

 

 

例えば

・しつけ時のご褒美

・ペットのストレス解消
・通常使いのペットフードとのブレンド

・毎日、15分程度骨をかじらせデンタルケア

・ペットのお誕生日プレゼント 

・食の細くなってしまった老犬にプレゼント 

・普段補えていない天然の栄養をおやつとして与える

 などでご利用ください。

*飼い主様からのコメント*

・老犬で食が細くなり、何をあげても食べなくて困っていたところ、

 これをあげたら目の色を変えて喜んで食べてくれました!

 こちらの商品はセミドライなので老犬でも噛めるのが嬉しいようです。

・骨が一番でした!あげるなり夢中でかじりついてました。

・ジビエペットフードの袋を見せただけで凝視!(笑)興奮度が違います。

・まるで本能が求めてるみたいに、猫も犬も美味しそうに食べてくれました!

 他とは食いつきが全然違いました。

鹿肉のこと

 

鹿肉は、まるでサプリメント!

「ペットの食が細い、お腹が弱い、皮膚のトラブル、虫歯、etc...」。

このような悩みを持たれている飼い主の方が、私の周りにも少なくありません。

昨今は、ペットの癌、腎臓病も増えているようです。

原因はどこにあるのでしょうか?

・肉食から雑食に扱いが変わったこと

・添加物による影響

・ペットフードに使われる素材に含まれる成長ホルモン剤、抗生剤、輸入飼料

・飼い主さんが思わず与えてしまう調味された食物

 数え上げたらキリがありませんね。

犬・ネコの腸の長さや歯の構造は紛れもなく肉食動物。

であれば、『体に適した食べ物を摂ることで腸が元気になる』というのは腑に落ちます。

腸は、第二の脳と言われていて、良いものと悪いものを判断・記憶するそうです。

そして、多くの神経や血管が集中しているので心・気持ちにも影響します。

胃腸の弱りはアレルギーの原因でもあります。

今はアレルギーの無い人の方が稀だと言われていますが、これはペットにも言える事。

本来、食べたものを消化吸収出来なかった場合は老廃物となり排出するように出来ているようですが、

通常の排出では間に合わなくなると皮膚から出そうとします。

結果、皮膚がダメージを受け、皮膚病などに繋がってしまうそうです。 

 

高タンパク低脂肪で低カロリー

・良質のタンパク質

  消化の良いタンパク質なので、食肉アレルギーを持つ犬、にもおすすめ。

  吸収率の良いタンパク質なので内臓に優しい。

  アスリートやボクサーの体つくりにも注目されているほど。

  コレステロールが少なく、中性脂肪(ブヨブヨ贅肉、皮下脂肪のこと)を減少させる働きなど。

・脂質

油(脂)は「不健康、不要、太る」は逆。必要不可欠なものです。

とは言えそれは良い油のこと。良い油にも種類があります。

ポイントは質とバランス

シカの脂はその両方を満足させてくれます。

必須アミノ酸同様、体の中で作ることができない多価不飽和脂肪酸である

α‐リノレン酸とリノール酸が1:2~3という理想のバランスで含まれています。

免疫力、毒素排出力の強化、T‐細胞の生産などにも力を貸してくれます。

 

・必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルが豊富

近年多くの飼い犬が良質のタンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が不足していると言われています。

シカ肉は高タンパク、必須アミノ酸、ビタミン、各種ミネラルをトータルで摂取できるスーパーフード!

・鉄分であるヘム鉄

ヘム鉄は造血を促す。吸収率が良いので貧血、冷え性、低血圧などの予防、

更に活性酸素を取り除く働きがある。

・亜鉛

必須ミネラルの一種、体内で作り出すことができないため、食事から摂取する

必要がある。免疫力の向上、抗酸化作用、毛や肌の健康維持に。

・カルノシン

ペプチド(アミノ酸が結合したもの)の一種。

糖尿病、動脈硬化を防ぐのに役立つ。

・ビタミンB2

タンパク質の吸収を助けてくれる。